私たちのヒーリング旅行記ー自由が丘ヒーリングライフ

国内旅行

軽井沢 2009.6.7~6.8

初夏の軽井沢、さわやかゴルフの旅!
軽井沢旅行記
旅行期間 6月7日~6月8日
宿泊旅館 万平ホテル1泊

今回は国内1泊、さわやかな軽井沢でのゴルフ小旅行です。
そして、今回の旅行の交通機関は、初夏の軽井沢にぴったりな癒しのオープンカー、BMW335カブリオレです。

軽井沢に着いたら、まずは白糸の滝まで屋根を開けてのオープンエアードライブです。
これは白糸の滝まで行く途中にある旧三笠ホテルです。今は宿泊することは出来ず、重要文化財として入館料を支払って中を見学することが出来ます。
旧三笠ホテル

 

白糸の滝までの道中で、335カブリオレの写真を何枚か撮ってみました。
緑の中に黒いボディが映えていい感じでしょ!
白糸の滝へ

 

白糸の滝へ

 

とても美しい白糸の滝の写真と、滝に行くまでの風景の写真を何枚か撮ってみました。
この時期でも白糸の滝の辺りはとても涼しくひんやりとしいて、避暑地として有名な軽井沢と比較しても3、4度ぐらいは温度が低い感じがします。白糸の滝へ

 

白糸の滝へ

 

白糸の滝

 

白糸の滝

 

軽井沢銀座の中にあるモカソフトで有名なミカドコーヒーです。
この日もテイクアウトのお客さんがたくさん並んでいました。
モカソフトは軽井沢に行く度に必ず食べる2人がお気に入りのソフトクリームです。
とっても美味しいので、軽井沢銀座に行った際には、ぜひご賞味くださいね!
ミカドコーヒー

 

こんなきれいな林の中を抜けると今回の宿泊地である万平ホテルが見えてきます。
万平ホテルは100年を超える歴史を持つ日本を代表するクラッシックホテルの1つです。
ホテルのエントランスも長い歴史を感じる雰囲気を持っています。
万平ホテル付近

 

万平ホテル

 

万平ホテル

 

宿泊する部屋の雰囲気はこんな感じです。広さも十分でしたしお風呂もとってもきれいでグッドでした。
ただし、泊まった部屋は2階なのにホテルが斜面に作られていて、窓からの景色は1階からのようで、あんまりよくありませんでした!
万平ホテル

 

万平ホテル

 

万平ホテル

 

部屋の前の廊下に飾られていたジョン・レノンのサインと写真です。こんなところにも日本を代表するクラッシックホテルである歴史を感じることができます
万平ホテル

 

夜の食事は軽井沢では最高のフレンチレストラン、エルミタージュ・ドゥ・タムラです。
エルミタージュ・ドゥ・タムラは森の中にある静かな隠れ家的なレストランです。
メニューは季節の野菜や旬の魚などをふんだんに使った料理で、途中で出てくるデザートのような桃のスープは、ぽにょ一押しの一品です。味もうつわもサプライズです!
エルミタージュ・ドゥ・タムラ

 

エルミタージュ・ドゥ・タムラ

 

桃のスープ

 

ホテルに戻ったあとはバーで軽く乾杯です。万平ホテルのバーは雰囲気も最高で、マスターのトークもとっても楽しく2人のお勧めです
万平ホテルのバー

 

万平ホテルのバー

 

この写真は、早朝ゴルフに出掛ける時に撮影した万平ホテルのカフェテラスです。
昼間は大きなガラスを取り外し、さわやかな軽井沢を感じることが出来る、素敵なカフェテラスです
カフェテラス

 

この日のメインは軽井沢72東コースでのプレーです。
軽井沢72はさわやかな気候に加え、白樺などの木々に囲まれた雰囲気抜群のリゾートゴルフ場で、2人が大好きなコースです。
スコアはともかく、この日もさわやかにプレーができました。
軽井沢72東コース

 

軽井沢72東コース

 

軽井沢72東コース

 

ゴルフの後は、2人が大好きなチーズ料理の店、アトリエ・ド・フロマージュでの食事です。
アトリエ・ド・フロマージュは、とにかくチーズが美味しいお店です。
お勧めというかこれを食べなきゃ意味がないのが、チーズフォンデュ!激ウマです!
熱々トロトロで、とっても美味しいので、ぜひご賞味くださいね!
アトリエ・ド・フロマージュ

 

アトリエ・ド・フロマージュ

 

アトリエ・ド・フロマージュ

この旅の総括

軽井沢の感想
国内旅行としての2人のお勧め度(
とにかく軽井沢の魅力はその独特な気候にあります。温度の低さだけでなくとにかく湿度が低くさわやかなのが軽井沢の気候の魅力です。
軽井沢銀座でのグルメやショッピングも楽しいですが、自転車などを借りて雲場池や別荘地周辺を走るだけで最高に癒される気分になります。
また、美味しいグルメスポットもたくさんありますので、自分のお気に入りのレストランにこだわるのもよし、いろいろ探索して新しいお店を開拓するのも楽しそうですね。(モジャ夫&ぽにょ)
 

万平ホテルの感想
リゾートホテルとしての2人のお勧め度(
万平ホテルは100年を超える歴史を持つ日本を代表するクラッシックホテルの1つです。
もちろん、いろいろな部分に古さを感じますが、水回りなどにも手入れが行き届いていますし、その古さを逆に魅力に感じることが出来る雰囲気抜群のホテルです。
軽井沢で宿泊を考えている方は、ジョン・レノンも愛した日本を代表するクラッシックホテルである万平ホテルに、ぜひ1度泊まってみてください。
お料理に関しても、軽井沢という立地を考えれば、最高のレベルで、夜も朝の料理もとっても美味しく、2人のお勧めのホテルです!(モジャ夫&ぽにょ)

万平ホテル 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
TEL 0267-42-1234
ホームページ http://www.mampei.co.jp

★スポンサーサイト★