私たちのヒーリング旅行記ー自由が丘ヒーリングライフ

国内旅行

宮古島 2008.6.19~6.22

東洋一美しいビーチへの旅!
沖縄県、宮古島旅行記
旅行期間 6月19日~6月22日
宿泊旅館 シギラベイサイドスイート・アラマンダ 3泊

今回は沖縄県の離島、東洋一美しいビーチを誇る宮古島への旅行です。
羽田空港から那覇まで、2時間半ぐらいのフライトの後、那覇から宮古島まで約40分程度のフライトを経て、やっと宮古島に到着です!
もう、ここは南国の宮古島なんですねー!ちょうど梅雨も明けていて、とにかく蒸し暑い!
この蒸し暑さは、まだ梅雨の肌寒い東京から来た2人にとって、かなり厳しい感じです!

まずは、ホテル到着の入り口での2ショットから!シギラベイサイドスイート・アラマンダは部屋数も限られた、ホスピタリティ溢れるリゾートホテルです。到着したロビーもとてもきれいです。シギラベイサイドスイート・アラマンダ入り口

 

チェックインの後は、とりあえずということで、まずはビールですよねー!
ちょうど、お昼過ぎの蒸し暑い中、ぽにょのビールが最高にうまそうです!
ホテルでビール

 

アラマンダのお部屋紹介!ベッドルーム、お風呂、そしてベランダになりまーす!
最後の1枚は、ベランダからの景色で、海とぽにょです!最高にいいお天気できれいに撮れてるでしょ!
ベッドルーム

バスルーム

ベランダ

ベランダからの景色

 

アラマンダのプライベートビーチです。こんなところにもたくさん小さな熱帯魚がいて、とってもびっくり!シュノーケリングセットなどを貸し出しているので、ここでも熱帯魚をゆっくり観察することができますよ!プライベートビーチ

プライベートビーチ

 

夕暮れ間近のアラマンダのメインプールです。滞在中、広いメインプールには泳いでいる人がほとんどいませんでした。何度か2人で泳ぎに行きましたが、いつも2人の貸し切り状態です!
この日の夜はメインダイニングでの鉄板焼きでした!シーフードも美味しかったけど、やっぱり石垣牛がとっても美味しかったー!メインプール

 

2日目です。朝早くに部屋のベランダから海を見た風景で、青い空と海、水平線が美しく最高に贅沢な景色です!
朝ベランダからの景色

 

さて、朝のブュッフェをいただいたら、レンタカーを借りて2人で宮古島の探検です!
まずは、地元の方々が東洋一美しいビーチだと口をそろえて話す前浜ビーチからです!
これは美しい!っていうかこの世にこんな美しいビーチがあったのかと思うほど、とにかく最高にきれいだったー!
海にも砂浜にも何もないし何も落ちていない!小石さえもない、粉のように細かい真っ白な砂だけの美しい砂浜!プールの水よりも澄み切った、はるか先まで見通すことができる最高の透明度を誇る海の水!
このビーチを見ることができただけで、宮古島に来て本当によかったと思わせるような感動的なビーチでした!前浜ビーチ

前浜ビーチ

前浜ビーチ

前浜ビーチ

 

前浜ビーチで泳いだ後は、島の反対側までドライブして、今回の旅行の目玉でもある吉野海岸でのシュノーケリングです!
吉野海岸は前浜ビーチとは違ってサンゴ礁がいたるところにある最高のシュノーケリングスポットで、シュノーケリングの道具やライフジャケットなどもいくつかあるお店で貸し出してくれます。
2人もいろいろと道具を借りてシュノーケリングにトライです!
とにかく海に一歩足を踏み入れればたくさんの種類の熱帯魚だらけ!来る途中に餌になると思って買ったパンを手に持ってるとわかれば、たくさんの魚たちがどこまででも追いかけてきます!

レンタカーでの宮古島探検の後は、宮古島を空から見てみようということで、ヘリコプターでの宮古島観光です!
ぽにょはヘリコプターが初めてなので、かなりビビリが入ってましたー!
最新式の機種ということで、ヘリコプターにしてはかなり静か!ヘッドホンなしでも普通に会話ができる感じで、うちのフェラーリ様と同じぐらいのうるささって印象でした。
ヘリコプターにて探索

ヘリから

ヘリからの景色

ヘリからの景色

地上に到着

 

この写真は、オプショナルツアーの1つである宮古島ナイトツアーで、道路の上を普通に歩いていたヤシガニくんです!
このナイトツアーは結構お勧めで、このヤシガニくんの他にもオカヤドカリ、フルーツコウモリ(1メートルぐらいの大きさ!)、宮古ホタル、海ホタルなどの珍しい動物たちを見ることができました!
この日の夜もメインダイニングでのディナーで、今度は創作メニューをいただきました。
オプションで紹介されたセミえびは、ルックスはバルタン星人のようで、とても美味しそうには見えなかったのですが、とにかくお勧めだというので食べてみたところ、伊勢えびよりも美味しい絶品の味でした!まあ、そのお値段の方もびっくりでしたけどね!
ヤシガニ

 

3日目の朝、ブュッフェに向かう時のぽにょです!今日も最高にいいお天気です!
3日目の朝

 

アロハシャツが恐ろしいほど自然に馴染むモジャ夫!調子に乗って撮った写真は完全に海外でよく見る胡散臭いガイドのおじさんのよう!何かニセモノの時計でも買わされそうな雰囲気がプンプンしています!
そして、上から下までヴィトンで決めて、さらに調子に乗るぽにょ!
タクシーでの島内観光の受け付けをロビーでしている時の2人の写真です!
ホテルの方に、「本当に宮古島を満喫されていますね!」と言われ、さらに悪乗りしてポーズをとるモジャ夫とぽにょのツーショットでした!アロハを着たモジャ夫

モジャ夫

ぽにょ

ロビーにて

 

タクシーでの島内観光で、崖の上から東平安名崎の方を撮った写真です。空と海の青が最高にきれいに撮れた1枚です!東平安名崎

 

何を撮ったのか、よくわからない2枚は、実は地下ダムの写真なんです。とにかく透き通ったきれいな水が印象に残りました!
ところで、宮古島には川が1つもなく、農業用水のすべてがこの膨大な湧き水によってまかなわれています。
そして、海に流れ出る川がないことが、海が汚れないことにつながり、東洋一美しいビーチを生んだ要因の1つになっているそうです。
もう1枚の写真は地下ダムから上がって行く時のぽにょです!
地下ダム

地下ダム

ぽにょ

 

東平安名崎にある灯台と、その周りの海を写した写真です!たくさんある巨大な岩は台風によって運ばれたものです!
灯台の近くまでは車で行くことができず、歩いていかなければなりません!
元気そうに歩いているぽにょですが、正直2人には暑すぎて灯台に登る気力は残されていませんでしたー!
東平安名崎

東平安名崎

東平安名崎にある灯台

灯台

東平安名崎の灯台近く

 

新城海岸でのツーショットです。空も海も最高にきれいでしょ!
海岸で星の砂を探すぽにょ!星の砂はなんと小さな虫の死がいなんだそうです!
海岸から戻る時に、なんと蛇皮線を貸していただき、シャッターを押してもらったのが、このツーショット写真です!
新城海岸

ぽにょ

新城海岸

 

灯台がある東平安名崎の反対側にある西平安名崎でのツーショット写真です。
もう1枚の写真は、その東平安名崎からの景色で、沖縄電力の風力発電用の大きな扇風機です!
雄大な自然と人間が造った巨大な建造物の融合が何とも言えない魅力的な1枚です。景色

風力発電

 

写真の中の橋は、宮古島と池間島をつなぐ池間大橋です!1枚目は宮古島側からの写真で、2枚目のぽにょが一緒に写っている写真は池間島側から写したものです。
橋1つの写真にしても青い海と空があるだけで、本当に美しくなるものですねー!池間大橋

池間大橋

 

大きな砂丘を越えて広がった景色の場所は砂山ビーチです!橋がかかったような大きな岩が印象的なビーチで、2枚の写真はいいアングルで撮れていませんかー?砂山ビーチ

砂山ビーチ

砂山ビーチ

 

1枚目の写真は来間島に着いた場所でのシーサーとぽにょのツーショットです。2枚目はその来間島の竜宮展望台でのぽにょ!最後の写真は宮古島と来間島をつなぐ来間大橋の写真です。
シーサーとぽにょ

竜宮展望台

来間大橋

 

この日の最後のアトラクションが水中観光船です。半潜水式なので普通のグラスボートより水中がよく見えます。写真はその船着場で、後ろに見えるのはうえのドイツ文化村です。船着き場

 

最後の夕食は、夕日がきれいだということで、東急リゾートまで出掛けてのバーベキューです。写真は東急リゾートから見た前浜ビーチに落ちる美しい夕日です。最高にきれいでしょ!
でも、バーべキューはいまいちで、蚊に刺されたぽにょはけっこー落ちてましたー!
夕日

夕日とぽにょ

 

最終日、ロビーでの2人です。帰りたくないぽにょはかなりブルーな雰囲気です。最終日

 

フライトまで少し時間があったので、最後に見たい場所はありますかと聞かれ、即答で「前浜ビーチ!」と2人で答え、タクシーで連れて行ってもらいました。
やっぱりきれいだねー!と2人でしみじみ思い、宮古島の素敵な海に後ろ髪を引かれながら、2人は渋々現実の世界への帰路に着きました!
前浜ビーチ

この旅の総括

宮古島の感想
国内離島としての2人のお勧め度(
宮古島の感想はとにかく美しい海に尽きます!前浜ビーチを始め、見に訪れたビーチはすべて美しく、吉野海岸でのシュノーケリングも忘れることができない最高の思い出になりました!
今までに行ったことのあるハワイ、グアム、バリなどの海外の海はもちろん、沖縄本島の海でさえ比較にならないほど、宮古島の海は本当に美しく素晴らしいものでした!
宮古島には2人もリピーターになること決定で、何度でも帰ってきたい本当に魅力的な場所でした!
美しい海が見たいと思った方には、宮古島は、ぜひぜひ訪れていただきたい、2人がお勧めする最高の観光スポットです!
そして、今回の旅行はずっといいお天気に恵まれて、思い出深い最高の旅になりました。(モジャ夫&ぽにょ)

シギラベイサイドスイート・アラマンダの感想
国内リゾートホテルとしての2人のお勧め度(
シギラベイサイドスイート・アラマンダは、小浜島にあるラグーンスイートヴィラ・アラマンダと同じ南西楽園グループのホテルで、部屋数が限られた、ホスピタリティ溢れる高級リゾートです。
アマンリゾートに行ったことのある人なら、このアラマンダがアマンリゾートの雰囲気を日本のリゾートにも再現しようとしているのがよくわかると思います!
そして、2人の大好きなアマンリゾートにも通じるアラマンダのおもてなしは、このリゾートホテルの1番の魅力になっています!
レストランもそれなりのお値段はしますが、十分以上に美味しく、雰囲気も上々でした。
また、アラマンダのバーラウンジは雰囲気がよく、楽しくお酒が飲める2人のお勧めです。(モジャ夫&ぽにょ)

シギラベイサイドスイート・アラマンダ
〒906-0202
沖縄県宮古島市上野字新里東素原926-25
TEL 0980-74-7100
FAX 0980-74-7102
ホームページ http://www.nanseirakuen.com

★スポンサーサイト★

司法書士法人リーガルハンズ
過払い金返還ドットコム
工藤公認会計士税理士事務所