変態ハマグリ氏のマニアックゴルフコースガイド~自由が丘ヒーリングライフ

ゴルフガイドはまぐり氏
ヒーリング・アド




はじめまして、マニアックなゴルフコhamaguriースをこよなく愛するハマグリです。わたしの好きなゴルフコースの条件は単に難しいだけではありません。井上誠一氏が設計したような難しさにはまったく興味がなく、わたしが愛するゴルフコースにはピート・ダイ氏やデスモンド・ミュアヘッド氏のような変態ゴルフ場設計家が作り上げた、特殊な造形美がなくてはなりません! ここではわたしのお勧めのマニアックなゴルフコースを紹介いたします。 ぜひ、会社のコンペでわたしが紹介したコースを利用したいただき、多くの参加者から大ブーイングを受けてください! そして、無謀にもわたしの愛するマニアックゴルフコースに挑戦したいとお考えの方は、必ずバックティーからのプレーをお願いする!そうでないと、この凶悪なコースたちの本当の姿を見ることは出来ないからである!そして、このコースたちを征服した時、あなたは至福の瞬間を味わうことが出来るだろう! それでは魅惑のハマグリワールドへ!

ホウライカントリー倶楽部

写真はレストランから望む18番のミドルホールです。大きな池が絡む美しいフィニッシングホールですが、難易度の高いセカンドショットが要求されるホールです。

1

今回のスタートはアウトコースからです。写真は1番のスターティングホールで、右側はすべてトラブルになるので、やや左側から攻めるのがセオリーです。
2

 

写真は3番、とても美しい池越えのショートホールです。このホールの攻め方はもちろん左の池を避けて安全な右側の花道から!
3

 

写真は7番のショートホールです。砲台グリーンを4つのバンカーでガードしているホールなので、ある程度高いボールを打ってキャリーでグリーンまで届かせる必要があります。4

 

アウトの最終9番ホールは、美しい池越えのミドルホールです。
写真はティーショットをミスして、とんでもない位置からセカンドショットを打っているぽにょです!
5

 

写真は右側に池を配置した美しい16番ロングホールのセカンドショット付近です。
6
ホウライカントリー倶楽部
変態マニアック度 hoshihoshihoshihoshihalf
コース設計 ロバート・ボン・へギー
7130ヤード チャンピオンティー
コースレート ブラックティー 72.2

ハマグリのお勧めポイント
このコースも西那須野と同じように、雄大な自然を生かした雰囲気を持つ美しい仕上がりになっています。 まず、アウトコースで印象的なのが8番のロングホール、サードショットで狙うグリーンは大きなバンカーの中に浮いている状態に!グリーンまでの距離を残してしまうと、サードショットはほぼバンカーに入ることになるであろう!
そして、ホウライの素晴らしさはインコースに集約されていると言っても過言ではないだろう。
10番のロングホールなどは、ティーショット、セカンドショット、サードショットのすべてに池が絡むことになるし、わたしが愛する11番ミドルホールのセカンドショットは、何とも魅惑的な最高に危険な1打になることだろう!君に幸あれ!

西那須野カントリー倶楽部

写真はティーグラウンドから望む1番のミドルホールです。
1


8番は軽い打ち上げのショートホールです。ホワイトティーからの距離は153ヤードで、写真はユーティリティを選択しティーショットをするぽにょです。
2

TPCソウグラスの18番ホールを思わせる西那須野の9番ミドルホール!フェアウェイの左側をグリーンまで続く大きな池、難しい巨大な5段グリーン、簡単に大叩きにつながるとにかく危険なミドルホールです。
3

10番ホールは軽く右にドッグレッグした池越えの美しいミドルホールです。
4


14番ホールは2つのフェアウェイを持つユニークなミドルホールです。
左側のルートを使った場合、セカンドショットでグリーンの奥行きが凄く、距離を合わせるのが難しいので、基本的には右ルートからのほうが攻略しやすいでしょう!
5

 

右側に大きな池をレイアウトしプレイヤーにプレッシャーをかける15番ロングホールです。写真はホワイトティーからティーショットを放つぽにょです。
6

左側のほとんどにバンカーを配置した美しい17番のショートホール!危険な左側を避けて右側から攻略を!
7

インの最終ホール、セカンドから池が絡む難しい18番ミドルホール、ティーグラウンドでのプレー風景です。
8
西那須野カントリー倶楽部
変態マニアック度 hoshihoshihoshihoshihalf
コース設計 ロバート・ボン・へギー
7036ヤード
コースレート 72.9

ハマグリのお勧めポイント
美しい!とにかくこのコースのいたるところにある全英オープンの中継を見ているようなフェスキューのラフ!もし、入れてしまったら本当に空振りをしてしまいそうだ。
おっと、大好きなラフの話は置いておいて、ここ西那須野とホウライは、わたしが愛するマニアックゴルフコースの中でも、もっとも自然を生かした雄大なコースの仕上がりになっています。
各ホールよく設計されているのだが、特に面白いのが14番のミドルホール、2つのフェアウェイがあり左の方が近いとのキャディーのアドバイスを受け、左のフェアウェイにティーショットをレイアップしたにもかかわらず、なんとセカンドショットでグリーンの奥行きがまったくないじゃないか!!(怒)
ということで、このホールは必ず右から攻略すること。
そして、このコースでわたしが1番愛するホールは、TPCソウグラスの18番ホールを思わせる9番のミドルホール!ティーグラウンドからグリーンまで、フェアウェイの左側はずっと大きな池である!本当に美しく最高に危険なホールだ。

カレドニアンゴルフクラブ

変態マニアック度 hoshihoshihoshihoshi
コース設計 J・マイケル・ポーレット
7018ヤード
コースレート 73.4

ハマグリのお勧めポイント
まずはクラブハウスのレストランから思う存分に見える18番ホールの池の配置を堪能していただきたい。そしてアウトの最終ホールである9番ホールのグリーン手前、ぼこぼこの起伏はきっとあなたの心をくすぐるだろう!
多くのホールに池が絡み、うねるような起伏やポテトチップのようなグリーンはラウンドしたプレーヤーの心をずっと捉えて離すことはないだろう!
飛ばし屋の諸君にはぜひ15番、18番のロングは2オンに挑戦していただきたい!そして本当の飛ばし屋だとの自負を持つあなたにはぜひ16番ミドルホールのワンオンにトライしていただきたい!君に幸あれ!

富里ゴルフ倶楽部


富里レストランからレストランから望む18番ロングホールのグリーン周辺です。セカンドショット、サードショットのどちらにもプレッシャーをかけるように、巧みに池が配置されています。(モジャ夫)

富里7番アウトの7番は、季節には花が咲き乱れる美しいショートホールです。左右のぶれはともかく前後にミスをしてしまうと大叩きにつながっていまします。(モジャ夫)

富里8番富里で1、2を争う難易度のアウト8番のロングホールです。ティーショットは右が池、左がOBで、距離もたっぷりあるとにかく難しいホールです。(モジャ夫)

富里16番ブルーからでも200ヤード近くある難しい池超えのショートホールです。
このホールも前後のミスは致命傷になります。(モジャ夫)

富里ゴルフ倶楽部
変態マニアック度 hoshihoshihoshihalf
コース設計 J・マイケル・ポーレット
6844ヤード
コースレート 72.6

ハマグリのお勧めポイント
恐怖の忍者屋敷!張り巡らされたトラップ!池により大幅に限定されたティーショットのランディングエリアのシビアさがこの富里ゴルフ倶楽部の最高の醍醐味です。
アウトの8番ロングホールのランディングエリアのシビアさなどは、このコースならではのしびれるようなスリルが味わえる私の愛すべきホールの1つです。
飛ばし屋の諸君にはぜひ18番のロングは2オンに挑戦していただきたい!
そして、インのスタート10番ホール、左が池、右がOB、ドライバーでのティーショットの結果は宝くじの当選発表のごとく、あなたの心に強く残るとても甘美なものとなるだろう!トラウマにはならないように!君に幸あれ!

セゴビアゴルフクラブ イン チヨダ


セゴビア7番5番から続く池が大きく絡む難関の3ホールの最後がこの7番のロングホールです!
ティーグラウンドからの景色で、ティーショットのランディングエリアは右も左も池です!(モジャ夫)

セゴビア14番バンカーの島と共に浮かぶ14番のアイランドグリーン!
バックティーからの難易度はもう考えたくないレベルです!(モジャ夫)

セゴビア17番半円形になっている池越えのショートホールのグリーンをティーグラウンドから!
グリーンに乗ってもオンした場所によっては寄せることが不可能な場合も!(モジャ夫)

セゴビアゴルフクラブ イン チヨダ
変態マニアック度 hoshihoshihoshihoshihalf
コース設計 デスモンド・ミュアヘッド
コースレート 73.5

ハマグリのお勧めポイント
セゴビアゴルフクラブはわたしの愛する変態ゴルフコース設計家のデスモンド・ミュアヘッド先生の作品の1つです。
富里をも凌ぐティーショットのランディングエリアのシビアさが、まずこのコースの魅力の1つです。特にまったくティーショットの逃げ場がないホールがいくつかあるのもこのコースのマニアック度をさらに魅力的にしています!
5番から7番までの3ホールは、あのオーガスタのアーメンコーナーに匹敵する難易度で、池がたくみに絡みあった超難関に仕上がっています。
フロントティーからのプレイでは極端にロングホールを短く設定しているので、飛ばし屋の諸君にはぜひ2オンに挑戦していただきたい!
そして、インのショートホールは2つとも前後左右のどの方向にもミスの許されないシビアなショットが要求されるとても素敵な仕上がりになっています。
その日の運試しのごとく、ぜひシビアにピンを攻めてみてはいかがだろうか?君に幸あれ!

オークビレッジゴルフクラブ

変態マニアック度hoshihoshihoshihoshihoshi
コース設計 デスモンド・ミュアヘッド
7024ヤード
コースレート 73.6
ハマグリのお勧めポイント
作成中

きみさらずゴルフリンクス

変態マニアック度 hoshihoshihoshihoshi
コース設計 ピート・ダイ
6833ヤード
コースレート 72.8
ハマグリのお勧めポイント
作成中

★スポンサーサイト★

借金解決にはリーガルハンズ