コケ対策についてー自由が丘ヒーリングライフ

モジャ夫流、コケ対策について
ヒーリング・アド

ブログ~ぽにょの毎日が小春日和
ブログ~はじめまして、ぼく小太郎です!

 

コケ対策について

海水魚の飼育を始めて飼い主の頭を1番悩ませるものは、水槽のガラス面や砂の上などに現れる汚らしいコケではないでしょうか?
かわいい海水魚も素敵なサンゴも、コケが現れて水槽が汚らしくなってくると、飼い主のテンションはどんどん下がってしまいます。
コケを食べる貝を入れてみてもそれほどの効果があるわけではありませんし、コケの掃除グッズで取っても取っても切りがなく、コケはどんどん水槽内をはびこっていきます!
では、まずコケが生える理由を考えてみましょう。コケも生物なので、コケが育つために必要なものが必ずあります。
まずは、光合成に欠かせない光です。これはミドリイシなどのサンゴを飼っている場合はメタルハライドライトの強い光が必ず必要になってきますので、これをなくすことは実際には不可能ということになります。
次にコケが育つ上での栄養源です。このいくつかある栄養源の中でコケ対策に重視されるものが3つあり、まず水道水に含まれるケイ酸、次に海水魚の餌に含まれるリン酸、最後に海水魚の排泄物(アンモニア)から作り出される硝酸塩の3つです。
要するに、この3つをまったく水槽内から除去することができれば、水槽内のコケの発生をほとんど抑えることが可能になります。
まず、水道水に含まれるケイ酸ですが、これを完全に除去したい場合にはRO浄水器を使用する必要があります。
RO浄水器を使えば水道水の中にあるリン酸を100%除去できますので、RO浄水器を通した精製水で作った人口海水であればリン酸をまったく含まないことになります。
次に海水魚の餌の中に含まれるケイ酸ですが、これをなくすためにはケイ酸を吸着する吸着剤を使用する必要があります。
最近ではリアクターを使ってリン酸吸着剤の効果を高めることができますし、強力なプロテインスキマーを使って食べ残した餌の内に水槽外に排出してしまうことで吸着剤の効果の補助することができれば、リン酸の対策はほぼ完璧といえます。
最後に硝酸塩ですが、これに対しては結局、吸着剤を使うしか方法がありません。この場合でもケイ酸と同じように、強力なプロテインスキマーを使ってアンモニアから硝酸塩に変化する前に水槽外に排出してしまう必要がありますし、ある程度頻繁に海水を換水することで硝酸塩を減らしていく必要があります。
これだけでもかなりの手間なのですが、これだけしても完全に水槽内にコケが生えなくなるわけではありません。しかし、リン酸、ケイ酸、硝酸塩をほぼ検出できない状況にしていれば、磁石式クリーナーやシッタカ、マガキ貝などの生物兵器を使うことで、それほどの手間がかからず、ガラス面などに付いたコケをきれいに除去することができます。
そして、最近使い始めてとっても効果的なのが、磁石式クリーナーにカミソリの刃が付いたタイプで、通常の磁石式クリーナーに比べてかなり短時間で効果的にコケを除去することができます。
最後に、水槽内にサンゴなどの無脊椎動物がいない場合には、ここまで手間をかける必要はありません。
この場合は、コトブキのP-CUT、バイコムのアルジーガード、カミハタのマリンタンククラリファイアーなど、直接コケを除去する薬品が使用できますので、サンゴなどの無脊椎動物が入っている水槽よりは簡単にコケを除去することができます。(モジャ夫)

★スポンサーサイト★

借金解決にはリーガルハンズ

過払い金返還ドットコム

節税のエキスパート 工藤聡生公認会計士事務所

ペット写真はペットフォトライフ